Menu ▼
【モテる男のメール術】
モテる男が知っておくべきメールの基本
メールテクニック初級編
メールテクニック応用編
メールテクニック実践編
【モテる女のメール術】
ケータイメールの基本【外部リンク】
モテる女性が使っているメール術
男性のタイプ別で使い分けるメール術
小悪魔が使うメール術
恋愛のメールテクニック集
男を落とす誘惑テクニック
【モテる男のメール術】
モテる男が知っておくべきメールの基本
メールテクニック初級編
メールテクニック応用編
メールテクニック実践編
【モテる女のメール術】
ケータイメールの基本【外部リンク】
モテる女性が使っているメール術
男性のタイプ別で使い分けるメール術
小悪魔が使うメール術
恋愛のメールテクニック集
男を落とす誘惑テクニック

相手をドキドキさせる余白と改行


メールで長い文を打つ場合、PCだときちんと改行してメールを読みやすくするよう心がけている人も、ケータイとなるとなぜか画面いっぱいに文字を詰め込んだりする人がいます。

これは、読みにくいだけでなく、用件が伝わりにくいというマイナス面があります。

あまり文字が詰め込まれていると読む前に疲れそうな気持にすらなります。

メールの長さは相手のメールにあわせてということはすでに説明しましたが、どうしても長くなってしまう場合、5行程度を一区切りとして、1、2行分の余白を開け、改行すると良いでしょう。


改行でドラクティックな演出ができる


たとえば「今日、ある人を好きになってしまいました。・・・相手は君です」など、後半の言葉をドラマティックに演出するために、わざと文字をスクロールしないと見えないところまで改行し、余白で相手に期待やドキドキ感を持たせるというテクニックを使うことができます。

読みやすく、気持ちが伝わる文書を書くには、改行を大胆に入れることで余白を効果的に使えばよいのです。

ただ、メールは、短い、早いことが基本ですから、あまりに長く込み入った話や謝罪メールなどには向いていません。

マイナスのメール内容の時に使うと、誠意が伝わらないからです。

そのような場合は、やはり電話で話すか、PCメールで簡潔にまとめて送るなど、内容や長さに合わせてうまく使い分けるようにしましょう。











男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女に
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理
結婚できる女性・できない女性の特徴
小悪魔なら知っておきたいケータイメールの基本
大人のための血液型診断
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
美しく早く痩せるダイエットのためのノウハウ
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
ビジネスメールのツボを知ってライバルに差をつけよう
幸せを呼び込む宇宙の法則
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
人相による結婚相手の選び方
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
男性に愛される女性の特徴と愛される方法