Menu ▼
【モテる男のメール術】
モテる男が知っておくべきメールの基本
メールテクニック初級編
メールテクニック応用編
メールテクニック実践編
【モテる女のメール術】
ケータイメールの基本【外部リンク】
モテる女性が使っているメール術
男性のタイプ別で使い分けるメール術
小悪魔が使うメール術
恋愛のメールテクニック集
男を落とす誘惑テクニック
【モテる男のメール術】
モテる男が知っておくべきメールの基本
メールテクニック初級編
メールテクニック応用編
メールテクニック実践編
【モテる女のメール術】
ケータイメールの基本【外部リンク】
モテる女性が使っているメール術
男性のタイプ別で使い分けるメール術
小悪魔が使うメール術
恋愛のメールテクニック集
男を落とす誘惑テクニック

個性の伝わらない、礼儀正しすぎるメール


女性がもらってもあまりうれしくないメール、それは礼儀正しすぎてビジネス的なメールです。

丁重に書くのはいいことなのですが、まじめすぎるメールは、距離をおかれているような冷たい関係のような気持ちにさせます。

これでは返事を書く気が失せるというものです。


丁寧に書きすぎたメールは二人の距離が距離が遠ざかる


もしふたりで会ったあと、「先ほどは楽しいお時間をありがとうございました」というメールが来たとします。

書いたほうは、なれなれしくならないように丁寧に書いただけかもしれませんが、デートだと思っていた相手からそんなメールを送られた女性は、まるで義理で会ってくれただけのように感じます。

デートがいまいちで、「プライベートでの関係は遠慮したいし距離をおいて付き合いたい。勘違いするなよ」といった牽制メールなのでは、テンションが下がってしまいます。

マジメだったりビジネスで丁寧なメールを書き慣れている男性が陥りがちな間違いです。
きちんと改まったメールなら、失礼にならないと思っているのは全くの勘違いです。

まだそれほど仲良くない場合でも、ビジネスではないLINE・ケータイメールの場合は、適度にくだけた文のほうが、女性には好評です。
慣れなれし過ぎるのも問題ですが、適度にくだけることを忘れないように気をつけてください。











男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女に
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理
結婚できる女性・できない女性の特徴
小悪魔なら知っておきたいケータイメールの基本
大人のための血液型診断
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
美しく早く痩せるダイエットのためのノウハウ
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
ビジネスメールのツボを知ってライバルに差をつけよう
幸せを呼び込む宇宙の法則
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
人相による結婚相手の選び方
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
男性に愛される女性の特徴と愛される方法