Menu ▼
【モテる男のメール術】
モテる男が知っておくべきメールの基本
モテる男のメールテクニック初級20選
モテる男のメールテクニック応用15選
モテる男のメールテクニック実践30選
【モテる女のメール術】
モテる女の男心を引き寄せるメールテクニック32選
モテる女のメールテクニック19選
モテる女の男のタイプ別メールテクニック8選
小悪魔のメールテクニック13選
恋愛のメールテクニック集11選
男を落とす誘惑テクニック
【モテる男のメール術】
モテる男が知っておくべきメールの基本
モテる男のメールテクニック初級20選
モテる男のメールテクニック応用15選
モテる男のメールテクニック実践30選
【モテる女のメール術】
モテる女の男心を引き寄せるメールテクニック32選
モテる女のメールテクニック19選
モテる女の男のタイプ別メールテクニック8選
小悪魔のメールテクニック13選
恋愛のメールテクニック集11選
男を落とす誘惑テクニック

彼が引いてしまう、こんなメールはNG


メールのひとつで、彼の心を自分に向けることができる一方で、メールがトラブルのもととなって、別れの危機を招くこともあります。



基本的に男性は、「重い」メールを嫌がる


たとえば、過去のことを謝罪するメールや、女性的な感情をあらわに出したメールなどです。また、答えにくい質問形式のメールや、束縛感を与える催促メールも嫌がります。

メールを送るときには、こうしたNGメールに気をつけるようにしましょう。
ここでは、どんなメールがNGなのか、「質問メール」「催促メール」「謝罪メール」「感情メール」のそれぞれについて詳しく解説しましょう。


質問メールを送るときのポイント


@ 「忙しいと思うけど、たまにメールしてもいいかな?」


1、2回ならば構いませんが、何度も送ると相手は押し付けがましく感じるので要注意です。こうした聞き方をされると、なかなか「ダメ」とは言いにくいものです。彼の優しさに甘えすぎないようにしましょう。

A 「○○って好き?」


交際当初は、相手を知りたいと思う気持ちも強いのでOKですが、あまりにも聞きすぎると、相手もうっとうしく思うので注意が必要です。
「私はこういうのが好きなんだけど、あなたは?」という質問のほうがいいかもしれません。

B 「今週末は予定ある?」


毎週お決まりのように確認するのはNGです。男性が束縛感を感じやすいので、ほどほどにしましょう。

C 「これってどう思う?」


解決策を求められたり意見を聞かれるのは、頼られている感じがして嬉しく思う男性は多いので、問題ありません。

ただ、何でも聞いてしまいがちな人、相手に左右されやすい女性は要注意です。自分の意見がないと思われてしまいます。適度な自己主張はやっぱり必要です。「参考に聞きたいんだけど・・・」と前置きを入れるのもいいでしょう。



催促メールを送るときのポイント


@ 「メールがほしいな」


質問メールの例で取り上げた、「メールしてもいいかな?」の逆バージョンですが、心身とも深い疲労感があるときにお願いをされると辛いものです。様子見が肝心です。
付き合っていて、だんだんと彼がフェードアウトしていき、月1回くらいのメールになった場合などは、1回だけ送ってみるのもいいでしょう。

A 「そろそろ会いたいね」


なかなか会えないときは、このセリフを言いたくなりますが、やっぱり相手の様子を確認してからです。「そろそろ会いたいね」と書くと、押し付け感が出てしまいます。

この場合、「会いたくなっちゃった」と言い換えることで、押し付けではなく自分の気持ちを伝えている表現となるので、強要的な雰囲気はなくなります。さらに、「何だか」という前置きをつけることで、今思い付いたような印象になり重さもなくなります。

B 「○○してくれる?」


これは言い換えれば「私のために○○してくれる?」という強い要求です。○○が純粋な用事なら、都合がつけば書諾してくれると思いますが、相手は重く受け止めてしまいがちです。

断りづらいとか引き受けてできなかったら悪いとか、責任を感じがちな言葉なので、状況を見極めることが大切です。ただ、親しき仲にも礼儀ありの精神を忘れなければ大丈夫です。


謝罪メールを送るときのポイント


@ 「○○を責めたことを謝りたいの」


謝るときには、素直に簡潔にするほうが伝わりやすいと思います。「ごめんなさい」の言葉だけあればOKです。説明や回りくどい言い方は必要ありません。

A 「わがままばかり言ってごめんね」


素直な言葉なので、好感が持てます。1回だけなら有効だと思います。注意したいのは、何度も使ってはいけないということです。「学習しろよ!」と相手は思ってしまいます。

B 「この間も言ったけど、まだ謝り足りないと思うの」


基本的に、謝罪は1回だけで十分です。何回言っても、相手に対しての過ちは消えないのです。むしろ何回も謝っていては、謝ればすむと思っていると受け取られかねません。

もちろん、自分に非がある場合は、絶対に謝罪したほうがいいでしょう。それも、相手の顔を見てきちんと言うほうが効果的です。



感情メールを送るときのポイント


@ 「私は今でもあなたが好き、別れたくない」


感情的になっているときは、メールはしないほうがいいでしょう。一度作成したら、いったん保存して、最低でも翌日できれば3日経って読み返してから、送信することをオススメします。

落ち着いてから読み返すと、「このメールは送らなくて正解」と思うことのほうが多いはずです。感情をぶつけて後悔する女性がすごく多いので、肝に銘じましょう。

A 「どうしてそんなこと言うの?」


相手に聞くより、まず自分で考えてみましょう。本当は正反対の意見だったり、自己防衛で言ったことなのかもしれません。言葉をそのまま受け取るのではなくて、自分で咀嚼することが大切です。

B 「私ばかり我慢している」


こちらが我慢していることは、言われるまで相手は気づいていないことが多いです。これを言った時点で、まず相手が思うのは「そこまで我慢してなんて言ってない」という気持ちです。自分が悪者にされたみたいで、かなり不快になるので言葉を選びましょう。

たとえば、「私、勝手に我慢しちゃって素直になれないの・・」といった表現なら、相手を責めていないので、相手も素直になりやすいです。微妙なニュアンスの違いで大きく変わるので、いろいろ考えてみるといいでしょう。


自分の不安を相手で解消しようとしない


ここまで「質問メール」「催促メール」「謝罪メール」「感情メール」の4つのカテゴリーごとに、NGをいくつか見てきましたが、基本的に返答ほしさのメールや無言の押し付け・束縛感のあるメールは好ましくありません。

恋愛全般に言えることですが、メールをするうえでもっとも大切なことは、自分の不安を相手で解消しようとしないことです。

自分の不安は、自分で解決することで自信になります。
どんなに愛している相手でも結局は他人であって、自分の人生を保障してくれるわけではないのです。人生の責任は本人が取らなくてはダメです。

まずは、自分の力で考えてみてください。自分のことは自分が一番よく知っているはずまずは、人生は自分を知るために生きているいってもいいものです。











モテる男と女の恋愛学
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理
結婚できる女性・できない女性の特徴
小悪魔なら知っておきたいケータイメールの基本
女性のための血液型占い
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
美しく早く痩せるダイエットのためのノウハウ
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
ビジネスメールのツボを知ってライバルに差をつけよう
幸せを呼び込む宇宙の法則
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
人相はあなたの心を映す鏡
一瞬で見抜く性格・本性・心理
男性に愛される女性の特徴と愛される方法